今後開催予定のセミナー・イベント

理事長挨拶

00

理事長挨拶


「北海道産学官研究フォーラム」の設立は、平成3年(1991年)11月のことでした。

その間、道内の産業界、学界、官界の方々から広く産学官の協力体制作りが支持され、今日まで多彩な事業活動を展開して来ました。

北海道において「産学官研究フォーラム」を設立した目的は、ヒト、モノ、カネのあらゆる面において中央依存傾向の強かった北海道地域の開発の流れを変えることにありました。

道内における産学官の力を結集して、真の経済自立を目指していくためには、大きな産業構造の転換が必要になります。

設立から4半世紀を経過し、第4次産業革命と言われる技術革新が進む中、これまでの任意団体から、目的に沿って堅実にアクティブに活動できる一般社団法人へ組織改編を行うことに致しました。

是非会員の皆様をはじめ、多くの皆様のご支援を宜しくお願いします。

一般社団法人 北海道産学官研究フォーラム
理事長 三上 隆
01

お知らせ

News from the Office

理事・顧問・監事

理事長 三上  隆みかみ たかし(北海道大学名誉教授)
副理事長 熊谷 勝弘くまがい かつひろ(世紀東急工業株式会社顧問)
副理事長 藤原 達也ふじわら たつや(特定非営利活動法人Digital北海道研究会副理事長)
理事  金井  理かない さとし(北海道大学大学院情報科学研究院教授)
理事  河村  巧かわむら たくみ(岩田地崎建設㈱常務執行役員)
監事  赤渕 明寛あかぶち あきひろ(株式会社ヒューネス取締役会長)
名誉顧問 丹保 憲仁たんぼ のりひと(北海道大学名誉教授、北海道河川財団会長)
部会長 岡田 成幸おかだ しげゆき(北海道大学広域複合災害研究センター特任教授)
部会長 野口 伸のぐち のぼる(北海道大学大学院農学研究院教授)
部会長 石井 一英(北海道大学大学院工学研究院教授)
部会長 岸 邦宏きし くにひろ(北海道大学大学院公共政策学連携研究部教授)
部会長 山本 雅人やまもと まさひと(北海道大学大学院工学研究院教授)

Next Upcoming Event
07 12月 2021
  • 00

    days

  • 00

    hours

  • 00

    minutes

  • 00

    seconds

02

会員の特典

一般社団法人 北海道産学官研究フォーラムでは、本研究会の主旨にご賛同頂ける方の参加をお待ちしております。
総会・議決権

1. 正会員は総会に参加することが出来、会の運営に関して議決権を与えられる。

正会員

2. 正会員は、産学官フォーラムの各部会や各研究会が企画し、年間を通じて開催されるセミナー、講習会、シンポジウム等に優待会費で参加できる。

研究会員

3. 研究会員は、各研究会が企画し、年間を通じて開催されるセミナー、講習会、シンポジウム等に優待会費で参加できる。

情報提供

4. 各会員は、二ュースレター等による各種情報の提供を受けることができる。

Start your research with us now

研究会

産学官CIM・GIS研究会

北海道MaaS推進研究会

北海道航空・港湾研究会

5

部会

防災情報部会

交通部会

スマート農業部会

観光・ICT部会

環境・エネルギー部会

21

正会員

03
04

研究会の活動内容

Activities of the Study Group
産学官・CIMGIS研究会

会長 萩原亨

CIM( Construction Information Modeling)は、3次元モデルデータを共有しながら、各種ICTを統合的に利用して計画、設計、施工、維持管理を進めていく方法です。

北海道産学官研究フォーラムでは全国に先駆け、ICTを活用した土木分野の建設技術の研究・普及を目的に「産学官CIM・GIS研究会」を設立し、活動しています。

北海道MaaS推進研究会

会長 中島秀之

MaaS(Mobility as a Service :マース)はモビリティ(移動)を 1 つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな「移動」の概念です。

MaaSを北海道内に推進するための組織として北海道産学官研究フォーラム内に「北海道MaaS推進研究会」を設立することとしました。

北海道航空・港湾研究会

代表 宮﨑英樹

北海道の空港・港湾を核とした新たな北海道の産業発展、その骨太な構想を立案し、実現することを目的としています。


空港の民営化問題や物流拠点としての港湾の問題等を扱います。


05

各部会の活動内容

Activities of the subcommittees
1

防災情報部会
(部会長 岡田成幸氏)

地理空間情報やビッグデータ解析など最新の情報技術を活用した防災対策を議論する。東日本大震災や熊本大地震を教訓に、北海道内で予測されている直下型地震や釧路沖・十勝沖地震等の大震災に備えるため、ハザードマップ、避難行動、地震・津波メカニズムなど災害全般を扱います。また、道内の災害だけではなく国内の大震災時における北海道ができる寄与といったことも議論します。

2

航空・交通部会
(部会長 岸邦宏氏)

道内航空ネットワークと空港の民営化問題、航空行政・技術をはじめ、2030年の北海道新幹線の札幌延伸といったテーマを扱います。これにより北海道の交通ネットワークが大きく変わることが予測される分野です。

3

スマート農業部会
(部会長 野口伸氏)

精密農業、ICT農業といったスマートアグリをテーマとして扱います。今後は自動運転トラクタや農業用ロボット、パワードスーツによる農業労働の緩和化、センシング技術や空間情報の利活用による生産の最適化、生産者や品質といった情報のトレーサビリティといったことが求められる分野です。

4

観光・ICT部会
(部会長 山本雅人氏)

北海道の主要産業のひとつである観光において、地理空間情報などの空間情報技術やICTを活用した観光情報学をテーマとして取り扱います。

5

環境・エネルギー部会
(部会長 石井一英氏)

地球温暖化をもたらすCO2などの温室効果ガスの削減には、低炭素社会に向けた取組みが不可欠である。地球環境の変動が最も反映される北海道大学の北極域研究の成果を広く知らしめるとともに有限な化石燃料を太陽エネルギーやバイオマスをはじめとする再生可能エネルギーに代替するべきとの観点から、北海道における再生可能エネルギーの活用の促進を図ります。

北海道における産学官の連携と最新動向

06

これまでの活動記録

record of activity
1991年
北海道産学官研究フォーラム設立
北海道の特色を生かしたバイオ産業の興隆を目的としたイベントの開催と農業・食産業、地域環境、経営情報の3つの部会活動を通して北海道経済の活性化に尽力した
1995年
創立5周年記念シンポジウム

北海道経済連合会会長(当時)の戸田一夫氏を基調講演に迎えて「21 世紀、北海道のグランドデザイン」というテーマでシンポジウムを開催

1998年
北海道 GIS・GPS 研究会設立
GIS の普及啓蒙活動を国土地理院や北海道庁と連携して全道各地で開催する
2008年
サイバーフィールド研究分科会設置
大規模環境の高密度 3 次元データからのモデル構築技術に関するマッチングの場を提供
2014年
産学官 CIM・GIS 研究会設置
サイバーフィールド分科会を発展解消して、産学官 CIM・GIS 研究会を設立し活動を開始する
2017年
一般社団法人に組織変更

任意団体から一般社団法人へと組織変更した

07

We understand your requirement and provide quality works.

We understand your requirement and provide quality works.

一般社団法人北海道産学官研究フォーラムは、北海道における産学官の連携推進の人的プラットフォームとしての役割を果たし、北海道経済の持続可能な発展に貢献してまいります。

副理事長 /事務局長, 藤原 達也

Vice Chairman / Secretary General, Fujiwara Tatsuya

Newsletterの購読(準備中

8

お問い合わせ

Please feel free to contact us using the form. We don't accept sales and spam.
オンラインミーティング実施中

オンラインでの打ち合わせを実施しております
Zoomの場合、こちらからお送りするURLにアクセスしていただくだけで可能です
フォーム・メールからお気軽にお問い合わせください

Mail

info@h-sangakukan.jp

TEL 011 -374- 6836
FAX 011 (299) 5070

所在地

060-0807
札幌市北区北7条西5丁目6-1
ストークマンション札幌507号室

MENU
PAGE TOP