地球温暖化をもたらすCO2などの温室効果ガスの削減には、低炭素社会に向けた取組みが不可欠である。地球環境の変動が最も反映される北海道大学の北極域研究の成果を広く知らしめるとともに有限な化石燃料を太陽エネルギーやバイオマスをはじめとする再生可能エネルギーに代替するべきとの観点から、北海道における再生可能エネルギーの活用の促進を図る。   部会長 北海道大学北極域研究センター長 齋藤 誠一氏 部会長プロフィール 1975年に北海道大学水産学部漁業学科を卒業。 同大学大学院を修了し、 1984年水産学博士。同年、財団法人日本気象協会中央研究所研究員、 1993年に北海道大学水産学部漁業学科漁業航海学講座助教授、 2000年に同大学院水産科学研究科資源計測学講座教授、 2015年より現職の北極域研究センター長。専門は衛星海洋学および水産海洋学。 2016年PICES(北太平洋海洋研究機構)のWoosterアワードを受賞。 現在、フューチャーアースのIMBeRプロジェクトの地域研究プログラムESSAS(亜寒帯海洋および北極域海洋の海洋生態系研究)の共同議長を務める。

1・ここ数年行って来た環境・エネルギーに関するセミナーの記録

2011年度 ◇6月15日 持続可能な新エネルギー戦略セミナー 基調講演「脱原発で温暖化対策は可能か?」 北海道大学大学院経済学研究科教授 吉田 文和氏 「日本における風力発電の現状と日本製鋼所の取組み」 ㈱日本製鋼所室蘭製作所 副所長兼風力製品部部長 赤羽博夫氏 「北海道における環境・防災情報の可視化について」 ㈱ヒューネス 代表取締役 赤渕明寛氏 ◇7月15日 持続可能な新エネルギー戦略セミナー テーマ1「持続可能な新エネルギー戦略セミナーⅡ」 -特にバイオガスとバイオエタノールについて- ホクレン農業総合研究所顧問 松田 従三氏 テーマ2「木材のエネルギー利用とマテリアル利用の重要性」 林産試験場 普及調整G主査 山崎 亨史氏 ◇2月29日「持続可能な新エネルギー戦略セミナー」 テーマ1「エネルギーの現状と今後の課題について」 -再生可能エネルギーの導入促進と支援政策- 北海道経済産業局資源エネルギー環境部 エネルギー対策課 課長 江川裕之氏 テーマ2「雪氷エネルギーの利用と大規模長期食糧備蓄基地構想」 大規模長期食糧備蓄基地構想推進協議会 理事・事務局長 森田 哲明氏 2013年度 ◇5月8日 環境エネルギー・地理空間情報活用セミナー 「再生可能エネルギーとしてのバイオエネルギー事業の展開」 再生可能エネルギーの未来とG空間社会実現への取り組み- 「再生可能エネルギーとしてのバイオエネルギー事業の展開」 講師:石井 一英氏(北海道大学大学院工学研究院准教授)

2・2017年度の事業計画

2017年12月13日 環境・エネルギーシンポジウム 全体テーマ 「北極海航路と北海道の可能性」 基調講演:「今、北極で何が起こっているのか?北極域研究の最前線」 北海道大学北極域センター長 齊藤 誠一氏   「今、北極で何が起こっているのか?北極域研究の最前線」   講演2:「北極域をめぐる国際関係」 北海道大学北極域研究センター准教授 大西富士夫氏(人文社会科学研究グループ)   講演3: 「北極海航路の現状と見通し」 北海道大学北極域研究センター教授 安部 智久氏(環境工学研究グループ)   「北極海航路の現状と見通し」 講演4:「北極海を横断する光海底ケーブルと北海道」 北海道大学北極域研究センター助教 Saunavaara Juha氏(人文社会科学研究グループ)   「北極海を横断する光海底ケーブルと北海道」 コーディネイター 北海道大学北極域センター長 齊藤 誠一氏 3月上旬 環境・エネルギー問題セミナー