MENU

Speaker

  • 三上隆
    三上隆
    一般社団法人北海道産学官研究フォーラム理事長
  • 岸邦宏
    岸邦宏
    北海道大学 大学院 工学研究院 准教授

    岸 邦宏 北海道大学大学院工学研究院 准教授

    1970年北海道生まれ。北海道大学大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。
    1999年北海道大学大学院工学研究科助手、2004年ロンドンサウスバンク大学客員研究員を経て、2008年より現職。専門は交通計画・都市計画・交通工学。北海道運輸交通審議会副会長、鉄道ネットワークワーキングチーム座長(北海道)など、全道各地の交通計画、交通政策に携わる。

  • 澤充隆
    澤充隆
    株式会社ドーコン交通事業本部交通部長

    さわ みつたか
    1966年札幌市生まれ。1989年法政大学工学部卒業。同年、北海道開発コンサルタント(株)(現在の(株)ドーコン)に入社。交通部次長、都心交通企画室長などを経て2019年6月より現職。これまで、建設コンサルタントの立場で、北海道総合開発計画の策定支援やコミュニティサイクル(ポロクル)を企画・運営に携わる

  • 野村文吾
    野村文吾
    十勝バス株式会社 代表取締役社長

    1963年、帯広市生まれ。函館ラ・サール高校、小樽商科大学卒。国土計画(現・西武ホールディングス)を経て98年十勝バスに入社、2003年より現職。帯広商工会議所副会頭、帯広観光コンベンション協会副会長、十勝シーニックバイウェイ「トカプチ雄大空間」代表、道東道とかち連携協議会会長など公職多数

  • 中島秀之
    中島秀之
    株式会社未来シェア会長(公立大学法人札幌市立大学理事長・学長)

    1983年東京大学情報工学専門課程修了(工学博士)。同年電総研入所。2001年産総研サイバーアシスト研究センター長。2004年より2016年まで公立はこだて未来大学学長および理事長歴任。2016年同名誉学長ならびに東京大学大学院情報理工学系研究科先端人工知能学教育寄付講座 特任教授。
    2018年4月より公立大学法人札幌市立大学理事長および学長就任。株式会社未来シェア取締役会長。
    2019年10月「情報化促進貢献個人等表彰」経済産業大臣賞を受賞。

  • 牧村和彦
    牧村和彦
    一般財団法人計量計画研究所 理事 兼 研究本部企画戦略部長

    1990年一般財団法人計量計画研究所(IBS)入所。東京大学 博士(工学)。
    筑波大学客員教授、神戸大学客員教授。
    都市・交通のシンクタンクに従事、将来のモビリティビジョンを描くモビリティデザイナー。
    内閣官房未来投資会議、官民連携協議会などに参加。経産省スマートモビリティ推進協議会企画運営委員他。
    代表的な著書に、「MaaS~モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ(日経BP)」、「バスがまちを変えていく~BRTの導入計画作法(IBS出版)」、「交通まちづくり~地方都市からの挑戦(共著、鹿島出版)」、「モビリティをマネジメントする~コミュニケーションによる交通戦略(共著、学芸出社)」、「2050年自動車はこうなる(共著、自動車技術会)」等多数。

北海道大学学術交流会館 第1会議室

会場

北海道大学学術交流会館 第1会議室
札幌市北区北8条西5

Webフォーム参加お申込み

Read More

Date

2019年 12月 13日 金曜日

Time

14:00 - 17:00

交通イノベーション・シンポジウム 「MaaSが北海道の未来をどう変えるのか?」【建コンCPD登録講習】

交通イノベーション・シンポジウム
「MaaSが北海道の未来をどう変えるのか?」
(この度のセミナーは、(一社)建設コンサルタンツ協会継続教育(CPD)プログラム登録講習です。)

【開催趣旨】:

これからの北海道の総合交通体系の構築に向けて、MaaS(Mobility as a Service)をしっかりと理解し、いかに地域の活性化や発展につなげていくかが重要となっております。そこで、当フォーラムではMaaSに関するシンポジウムを企画致しました。基調講演に一般財団法人計量計画研究所研究本部企画戦略部長の牧村和彦氏をお迎えしてMaaSの全体像について伺うとともに、道内で取り組まれている有識者の方々とMaaSが北海道の未来をどう変えていく可能性があるのかについて議論します。

【開催日時・会場】:

日時:2019年12月13日(金) 14:00~17:00 開場13:30
会場:北海道大学 学術交流会館 第1会議室 (札幌市北区北8条西5丁目)

【全体テーマ】:

「MaaSが北海道の未来をどう変えるのか?」

【プログラム】:

14:00~14:05 開会挨拶 一般社団法人北海道産学官研究フォーラム 理事長 三上 隆

14:05~15:05 基調講演モビリティ革命と日本版MaaSの展望

一般財団法人計量計画研究所 研究本部企画戦略部長 牧村 和彦 氏 

15:05~15:15 休憩

15:15~16:55 パネルディスカッションMaaSが北海道の未来をどう変えるのか?

パネリスト 株式会社未来シェア会長(札幌市立大学理事長・学長) 中島 秀之 氏
十勝バス株式会社 代表取締役社長 野村 文吾 氏
株式会社ドーコン 交通事業本部交通部長 澤 充隆 氏
一般財団法人計量計画研究所 研究本部企画戦略部長 牧村 和彦 氏

コーディネーター 北海道大学大学院工学研究院 准教授 岸 邦宏 氏

16:55~17:00 閉会挨拶

【参加費】:

一般…3,000円  / 主催・共催団体の会員、官公庁、自治体…2,000円

お申し込み:
Webフォームお申込み交通イノベーション・ シンポジウム 「MaaSが北海道の未来をどう変えるのか?」

https://eipo.jp/dghok/seminars/view/29923

Webフォームのご利用ができない場合はメール本文に必要事項を記入の上で、info@h-sangakukan.jpまでご連絡下さい。

【主催】:

一般社団法人北海道産学官研究フォーラム

【共催】:

産学官CIM・GIS研究会、特定非営利活動法人Digital北海道研究会

【後援依頼】:

北海道経済産業局、北海道開発局、北海道運輸局、北海道、北海道経済連合会、北海道商工会議所連合会、北海道観光振興機構、一般社団法人建設コンサルタンツ協会北海道支部、公益社団法人土木学会北海道支部、一般社団法人北海道建設業協会

【連絡先】:

一般社団法人北海道産学官研究フォーラム info@h-sangakukan.jp

PDF

  • 00

    days

  • 00

    hours

  • 00

    minutes

  • 00

    seconds

Hourly Schedule

交通イノベーション・シンポジウム 「MaaSが北海道の未来をどう変えるのか?」

14:00 - 14:05
開会の挨拶
一般社団法人北海道産学官研究フォーラム理事長 三上隆
Speaker
三上隆
14:05 - 15:05
基調講演「モビリティ革命と日本版MaaSの展望」
一般財団法人計量計画研究所 研究本部企画戦略部長 牧村和彦氏
Speaker
牧村和彦
15:05 - 15:15
休憩
15:15 - 16:55
パネルディスカッション
「MaaSが北海道の未来をどう変えるのか?」
Speaker
岸邦宏, 澤充隆, 野村文吾, 中島秀之, 牧村和彦
-
パネリスト
はこだて未来大発ベンチャー未来シェアの考えるMaaS
Speaker
中島秀之
-
パネリスト
Speaker
野村文吾
-
パネリスト
Speaker
澤充隆
-
パネリスト
Speaker
牧村和彦
-
コーディネイター
北海道大学大学院工学研究院准教授 岸邦宏氏
Speaker
岸邦宏
16:55 -
閉会の挨拶
三上隆
三上隆
一般社団法人北海道産学官研究フォーラム理事長
牧村和彦
牧村和彦
一般財団法人計量計画研究所 理事 兼 研究本部企画戦略部長
1990年一般財団法人計量計画研究所(IBS)入所。東京大学 博士(工学)。 筑波大学客員教授、神戸大学客員教授。 都市・交通のシンクタンクに従事、将来のモビリティビジョンを描くモビリティデザイナー。 内閣官房未来投資会議、官民連携協議会などに参加。経産省スマートモビリティ推進協議会企画運営委員他。 代表的な著書に、「MaaS~モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ(日経BP)」、「バスがまちを変えていく~BRTの導入計画作法(IBS出版)」、「交通まちづくり~地方都市からの挑戦(共著、鹿島出版)」、「モビリティをマネジメントする~コミュニケーションによる交通戦略(共著、学芸出社)」、「2050年自動車はこうなる(共著、自動車技術会)」等多数。
岸邦宏
岸邦宏
北海道大学 大学院 工学研究院 准教授
岸 邦宏 北海道大学大学院工学研究院 准教授 1970年北海道生まれ。北海道大学大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。 1999年北海道大学大学院工学研究科助手、2004年ロンドンサウスバンク大学客員研究員を経て、2008年より現職。専門は交通計画・都市計画・交通工学。北海道運輸交通審議会副会長、鉄道ネットワークワーキングチーム座長(北海道)など、全道各地の交通計画、交通政策に携わる。
澤充隆
澤充隆
株式会社ドーコン交通事業本部交通部長
さわ みつたか 1966年札幌市生まれ。1989年法政大学工学部卒業。同年、北海道開発コンサルタント(株)(現在の(株)ドーコン)に入社。交通部次長、都心交通企画室長などを経て2019年6月より現職。これまで、建設コンサルタントの立場で、北海道総合開発計画の策定支援やコミュニティサイクル(ポロクル)を企画・運営に携わる
野村文吾
野村文吾
十勝バス株式会社 代表取締役社長
1963年、帯広市生まれ。函館ラ・サール高校、小樽商科大学卒。国土計画(現・西武ホールディングス)を経て98年十勝バスに入社、2003年より現職。帯広商工会議所副会頭、帯広観光コンベンション協会副会長、十勝シーニックバイウェイ「トカプチ雄大空間」代表、道東道とかち連携協議会会長など公職多数
中島秀之
中島秀之
株式会社未来シェア会長(公立大学法人札幌市立大学理事長・学長)
1983年東京大学情報工学専門課程修了(工学博士)。同年電総研入所。2001年産総研サイバーアシスト研究センター長。2004年より2016年まで公立はこだて未来大学学長および理事長歴任。2016年同名誉学長ならびに東京大学大学院情報理工学系研究科先端人工知能学教育寄付講座 特任教授。 2018年4月より公立大学法人札幌市立大学理事長および学長就任。株式会社未来シェア取締役会長。 2019年10月「情報化促進貢献個人等表彰」経済産業大臣賞を受賞。