第1回 航空・交通問題セミナー9月7日(木)のご案内

第1回 航空・交通問題セミナー ~持続可能な道内交通ネットワークを考える~ 【開催目的】 道内7空港の一括民営化の話題が盛り上がる中、2030年頃には北海道の人口は500万人を大きく割り込むことが予想されます。 北海道運輸交通審議会の地域公共交通検討会議では、北海道新幹線の札幌開業が予定されている2030年を念頭に中・長期的な観点から検討を行ってきました。 そこで、この度この会議の委員である北海道大学大学院工学研究院准教授の岸邦宏氏をメインスピーカーに迎えて、持続可能な北海道の交通ネットワークを考えるセミナーを企画致しました。 他の講師には、北海道総合政策部航空局参事の小田桐俊宏氏と北海道総合研究調査会の切通堅太郎氏を迎えて、それぞれ道内航空ネットワークについて、人口低密度地域での新たな交通手段確保についての議論もしていただきます。 是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。 開催日時:2017年9月7日(木)13:20~15:40 開催場所:かでる2.7 1060会議室(札幌市中央区北2条西7丁目 TEL 011-204-5100) 13:20~14:20 基調講演 「北海道の将来の交通ネットワークをつくるために今考えるべきこと」 北海道大学大学院工学研究院准教授 岸 邦宏氏 14:20~14:50 講演2「北海道の航空ネットワークについて」 北海道総合政策部航空局参事 小田桐 俊宏氏 14:50~14:55 休 憩 14:55~15:25 講演3「人口低密度地域での新たな交通手段確保について」 北海道総合研究調査会調査部次長 切通 堅太郎氏 15:25~15:40 質疑応答 参加費:一般3,000円、主催・共催・後援団体・官公庁・自治体職員 2,000円(定員60名) 主催:一般社団法人 北海道産学官研究フォーラム 共催:北海道航空・港湾研究会、産学官CIM・GIS研究会 お申し込みは、下記のURLのお申込フォームまたはFAXよりお願い致します。 https://eipo.jp/dghok/seminars/view/9146 ご案内詳細・FAX申込用紙PDF https://h-sangakukan.jp/h-sangakukan/wp-content/uploads/2017/08/20170907traffic_seminar01fax.pdf

参加お申込みフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です