第13回産学官CIM・GISセミナー7月10日(月)

一般社団法人北海道産学官研究フォーラム設立記念 ~社会インフラのスマートエイジング化に向けた産学官の取組み~ 【開催目的】 国土交通省では建設現場にICTを導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指す取組みであるi-Constructionを進めております。一方、国土地理院は「UAV搭載レーザスキャナを用いた公共測量マニュアル」を2017年度内に作成、公表する予定となっております。そこで、この度UAV(ドローン)による3次元計測の分野で実績のある株式会社フルスケールの木村房夫氏をお迎えして、UAVのレーザ計測についてお話を伺います。また北海道大学情報科学研究科教授の五十嵐一氏には、モニタリング用のセンサーの開発について、北海道開発局の藤山達生氏にはi-Constructionの取組みを、それぞれ伺います。是非多くの皆様のご参加をお待ちしています。 (この度のセミナーは(一社)建設コンサルタンツ協会継続教育(CPD)プログラム登録講習の予定です。) 記 ■開催日時:2017年7月10日(月)16:00~18:40 ■開催場所:札幌駅前ビジネススペース カンファレンスルーム2A 〒060-0005 札幌市中央区北5条西6丁目1-23 第二北海道通信ビル2階  TEL 011-252-7719 ■プログラム: 16:00~16:10  開会の挨拶 16:10~17:00  基調講演「様々UAVとUAVレーザ計測」 株式会社フルスケール 代表取締役 木村 房夫氏 【プロフィール】 1960年岡山県生まれ。1979年岡山県立倉敷商業高等学校情報処理科卒業。1984年(株)キャディックス、2000年メンター・グラフィック・デベロップメント・ジャパン株式会社、2007年応用技術株式会社,2010年より(株)フルスケールを設立し現在にいたる。 17:00~17:40 講演2「橋梁等の微小振動で動作する 構造物モニタリング用無線センサーの開発」 北海道大学情報科学研究科システム情報科学専攻 電磁工学研究室教授 五十嵐 一氏 17:40~18:10 講演3 「北海道開発局におけるi-Constructionの取組み」 北海道開発局事業振興部技術管理課係長  藤山 達生氏 18:10~18:30 産学官CIM・GIS研究会 幹事企業の報告 18:30~18:40 質疑応答 ■参加費:一般3,000円、主催・共催団体・官公庁・自治体職員 2,000円(定員80名) ■振込先:北洋銀行 北7条支店(普)4034121 産学官CIM・GIS研究会宛 ■主 催:産学官CIM・GIS研究会 ■共 催:北海道産学官研究フォーラム、北海道GIS・GPS研究会 特定非営利活動法人Digital北海道研究会 ■後援依頼先:(一社)建設コンサルタンツ協会北海道支部、(一社)北海道建設業協会、 (一社)北海道測量設計業協会、(一社)日本写真測量学会北海道支部、(公社)土木学会北海道支部 ■事務局・連絡先:産学官CIM・GIS研究会(担当 藤原) 〒060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1ストークマンション札幌507号室 TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070 E-mail:forum@sangaku2.sakura.ne.jp ※詳細は下記のURLをご覧下さい。 http://sangaku.tank.jp/wp2/wp-content/uploads/2017/06/20170710.13thCIMGIS.pdf ※お申込みは下記のURLよりお願いします。 https://eipo.jp/dghok/seminars/view/7887