2月22日(金)第4回 防災情報セミナーのご案内

第4回 防災情報セミナー ~北海道胆振東部地震における土砂災害被害について~

【開催趣旨】

2018年9月6日に北海道胆振地方中東部を震源として最大震度7の「北海道胆振東部地震」が発生しました。この地震では強震動によって厚真町を中心に広い範囲で土砂崩れが発生しました。北海道産学官研究フォーラムでは、平成30年北海道胆振東部地震土砂災害緊急調査団の団長を務められた北海道大学農学研究院国土保全学特任教授の小山内信智(オサナイノブトモ)氏をメインスピーカーに第4回防災情報セミナーを開催いたします。

 

【開催日時・会場】

開催日時: 2019年2月22日(金) 13:20~15:40 (受付13:00~)
会場: 「かでる2・7」 10階 1040研修室
060-0002中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル

【講演テーマ・講師】

13:30 開会の挨拶 北海道産学官研究フォーラム 藤原達也

 

基調講演「地震による厚真町の斜面崩壊について」
北海道大学 農学研究院 国土保全学研究室 特任教授 小山内信智氏

【プロフィール】1959年、秋田県生まれ。東京大学農学部林学科卒業後、建設省入省。国土技術政策総合研究所危機管理技術研究センター砂防研究室長、(独)土木研究所土砂管理研究グループ長を経て、2015年より北海道大学大学院農学研究院国土保全学研究室特任教授(農学博士、技術士(建設部門))。専門は砂防学、土砂災害時の危機管理。砂防学会北海道支部長、日本地すべり学会理事。

 

講演2
「震災後の危険箇所の点検や今後の復興について」
北海道建設部 土木局河川砂防課砂防災害担当課長 山廣孝之氏

講演3
「震災後の産学官連携による現地調査の手法と方法論」
日本工営株式会社札幌支店 技術第二部 専門部長 早川智也氏

質疑応答

【参加費】

参加費: 一般 3,000円
主催・共催団体の会員、および官公庁・自治体 2,000円
(後援団体は一般と同料金です)

【主催・共催】

主催: 一般社団法人北海道産学官研究フォーラム
共催: 産学官CIM・GIS研究会特定非営利活動法人Digital北海道研究会(50音順)

【後援】

後援(依頼中含):
一般社団法人建設コンサルタンツ協会北海道支部
公益社団法人土木学会北海道支部
日本写真測量学会北海道支部
一般社団法人北海道建設業協会(50音順)

【お申込み方法・Webフォーム】

下記Webフォームよりお申込み下さい。
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/18134

FAXお申込用紙PDF

Webフォームがご利用できない環境の場合📧E-mailで、FAX申込用紙をスキャン等にてファイル添付または、
件名を「【参加申込】第4回 防災情報セミナー」とし、本文に参加者氏名、会社・団体名、住所、メールアドレス、電話番号、会員区分(会員・非会員)、お支払い方法(会場支払い・銀行振込[請求書不要]・銀行振込[郵送の請求書が必要])、を明記の上、下記を参考にinfo@h-sangakukan.jpまでお送りください。

宛先:info@h-sangakukan.jp
件名:【参加申込】第4回 防災情報セミナー
本文
参加者氏名:
会社・団体名:
住所:
メールアドレス:
電話番号:
会員区分:(非会員・一般 / 主催・共催団体の会員)
お支払い方法:(会場支払い/銀行振込[請求書不要]/銀行振込[郵送の請求書が必要])

 

【事務局・連絡先】

事務局・連絡先: 一般社団法人北海道産学官研究フォーラム 担当 藤原
060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1ストークマンション札幌507号
FAX 011-299-5070 E-mail:info@h-sangakukan.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です