3月30日(金)第2回 防災情報セミナーのご案内

第2回 防災情報セミナー ~暴風雪による道路災害の低減に資するICTの活用~

【開催趣旨】

北海道における冬季の防災対策は大きな課題です。「暴風雪による道路災害の低減に資するICTの活用」北海道大学大学院工学研究院の萩原亨氏をメインスピーカーに、「第2回 防災情報セミナー」を開催いたします。北海道開発局建設部道路維持課防災対策官 林憲裕氏より「2016年の台風被害と日勝峠の災害復旧について」、北海道開発局建設部道路維持課維持第1係長 小林暁氏より「産学官民で目指す除雪現場の省力化」~i-Snowの取組みについて~それぞれ講演いただきます。是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。

( この度セミナーは一般社団法人建設コンサルタツ協会継続教育(CPD) プログラム登録講習です。セミナー終了後に受付にて証明書を配布いたします。)

【開催日時・会場】

開催日時: 2018年3月30日(金) 13:20~15:40 (受付12:55~)
会場: 「かでる2・7」 7階 730研修室
060-0002中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル

【講演テーマ・講師】

13:20-13:25 開会の挨拶

13:25-14:25 基調講演: 「暴風雪による道路災害の低減に資するICTの活用」
北海道大学大学院工学研究院教授 萩原 亨氏

【プロフィール】
北海道大学大学院工学研究院 北方圏環 境政策工学部門 技術環境政策学分野教授 博士(工学)。特定非営利活動法人ポロクル 理事長。
【研究分野】土木工学 / 土木計画学・交通工学/ 社会・安全システム科学 /社会システム 工学・安全システム等。

14:30-15:00 講演2: 「2016年の台風被害と日勝峠の災害復旧について」
北海道開発局建設部道路維持課防災対策官 林 憲裕氏

15:00-15:30 講演3: 「産学官民で目指す除雪現場の省力化」~i-Snowの取組みについて~
北海道開発局建設部道路維持課維持第1係長 小林 暁氏

15:30-15:40 質疑応答

【参加費】

参加費: 一般 3,000円
主催・共催団体の会員、および官公庁・自治体 2,000円 (定員50名)
申込締め切り 3月28日(水)

【主催・共催】

主催: 一般社団法人北海道産学官研究フォーラム
共催: 産学官CIM・GIS研究会特定非営利活動法人Digital北海道研究会(50音順)

【後援】

後援(依頼中含):
一般社団法人建設コンサルタンツ協会北海道支部
公益社団法人土木学会北海道支部
一般社団法人日本写真測量学会北海道支部
一般社団法人北海道建設業協会
一般社団法人北海道測量設計業協会(50音順)

【お申込み方法・Webフォーム】

下記Webフォームよりお申込み下さい。
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/12680

FAXお申込用紙PDF

Webフォームがご利用できない環境の場合📧E-mailで、FAX申込用紙をスキャン等にてファイル添付または、
件名を「【参加申込】第2回 防災情報セミナー」とし、本文に参加者氏名、会社・団体名、住所、メールアドレス、電話番号、会員区分(会員・非会員)、お支払い方法(会場支払い・銀行振込[請求書不要]・銀行振込[郵送の請求書が必要])、を明記の上、下記を参考にinfo@h-sangakukan.jpまでお送りください。

宛先:info@h-sangakukan.jp
件名:【参加申込】第2回 防災情報セミナー
本文
参加者氏名:
会社・団体名:
住所:
メールアドレス:
電話番号:
会員区分:(非会員・一般 / 主催・共催団体の会員)
お支払い方法:(会場支払い/銀行振込[請求書不要]/銀行振込[郵送の請求書が必要])

 

【事務局・連絡先】

事務局・連絡先: 一般社団法人北海道産学官研究フォーラム 担当 藤原
060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1ストークマンション札幌507号
FAX 011-299-5070 E-mail:forum@sangaku2.sakura.ne.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です