3月9日(金)「スマート農業のための高度営農支援プラットフォーム」~G空間ビッグデータの収集・分析・活用~(帯広開催)のご案内

スマート農業に関するセミナーのご案内です(帯広開催)。


北海道総合通信局(局長 藤本 昌彦(ふじもと まさひこ))は、北海道大学等研究グループ(研究代表者:野口 伸(のぐち のぼる) 北海道大学大学院農学研究院 教授)との共催により、研究成果発表会を開催します。

  本セミナーでは、上記の研究グループによる「農業におけるG空間ビックデータ収集・分析・活用による高度営農支援プラットフォームの構築」についての研究成果発表を行います。
この研究は、独立行政法人(現:国立研究開発法人)情報通信研究機構(NICT)が公募した「ソーシャル・ビックデータ利活用・基盤技術の研究開発」に採択された研究課題です。
なお当日は、この研究成果発表の他、専門家によるスマート農業やロボット農業に関する講演も行われ、加えて、当局が事務局を務める「ICTを活用した農業の高度化等推進に関する勉強会」(主査:野口教授)の検討結果を踏まえ、より実践的な次世代農業の高度化について理解を深めることができます。詳細は下記アドレスをご参照下さい。
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2018/0223t.html

1 日時

平成30年3月9日(金曜日)13時から17時まで(開場12時30分)

2 場所

とかちプラザ2階 視聴覚室(帯広市西4条南13丁目1番地)
※駐車場はご用意しておりません。

3 定員及び参加費等

定員100名(参加無料)
※どなたでも参加いただけます。

4 プログラム

13時  開会

13時から13時5分  主催者あいさつ

  • 情報通信研究機構委託研究事業
    研究代表者 野口 伸(のぐち のぼる)(北海道大学)

13時5分から13時25分  総務省施策紹介

  • 「農業ブロードバンドの環境整備等について」
  •   北海道総合通信局長 藤本 昌彦(ふじもと まさひこ)

13時30分から14時20分  基調講演

  • 「内閣府SIP『次世代農林水産業創造技術』におけるスマート農業の取組について」
  •   内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付
    産業技術・ナノテクノロジー(農林水産業)担当
    企画官 中島 潔(なかしま きよし) 氏

14時20分から14時50分  特別講演

  • 「北海道におけるロボット・ICTの利活用」
  •   北海道大学大学院農学研究院 教授 野口 伸(のぐち のぼる)

14時50分から15時  休憩

15時から17時  情報通信研究機構委託研究事業 成果発表

  • 「農業におけるG空間ビッグデータ収集・分析・活用による
    高度営農支援プラットフォームの構築」
    研究グループ

17時  開会

5 お申込み方法等

  参加ご希望の方は「0309セミナー参加希望」と記載し、氏名、団体名、所属、連絡先を明記の上、3月5日(月曜日)までに、ファックス又は電子メールにてお申込みください。
(定員になり次第、締め切らせていただきますので、あらかじめご了承ください。)

<お申込み・お問い合わせ先>
北海道総合通信局 無線通信部 企画調整課
ファックス:011-700-5463
電子メール:freq-hokkaido_atmark_soumu.go.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しています。送信の際には、「@」に変更してください。
電話:011-709-2311(内線4624)
(お問合せの時間は土曜、日曜、祝日を除く、8時30分から12時、13時から17時まで)

詳細は下記アドレスをご参照下さい。
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2018/0223t.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です